豆知識

【出産祝いプレゼント】お祝いの相場っていくら?関係性などで変わる!

出産祝いプレゼントお祝いの金額相場のご紹介です。

出産祝いのプレゼントってなかなか渡す機会は少ないですよね。

ですので、実際そうなったときに相場っていくらぐらないなんだろ?って悩みます。

あくまでも相場ですので参考程度にご参考にしてみてくださいね。

出産祝いプレゼント 金額相場はだいたいいくらくらいなの?

贈る相手との距離感で相場はかわる

実は、出産祝いプレゼントは、贈る相手との関係性で金額は変わってきます。

[box class=”pink_box” title=”たとえば”]

  • 子供
  • 兄弟
  • 親戚
  • 同僚
  • 友人

[/box]

などなど。

贈る相手にも色々な関係性があると思います。

それぞれによって金額が異なりますのでご注意くださいね。

ではそれぞれ個別でご紹介★

子供に贈る

これは、今見られているあなた様自身が親に当たる場合で子供が出産した場合になります。

親から子への出産祝いの相場が一番高くなります。

だいたいの親から子への相場は3万円~5万円となっています。

物で贈るにもしてもお金にしてもだいたいこれくらいを目安にプレゼントを探されるといいですね。

兄弟・姉妹に贈る

これは、あなた様のご兄弟・ご姉妹が出産された場合。

兄弟・姉妹は距離感が近いのでこちらはだいたい相場は1万円~3万円になります。

ですが、年下の兄弟へ贈る場合は3万円、逆に年上の兄弟に贈る場合などは1万円など歳の差などで考えると○。

 

年下の兄弟から高額な物をもらうのはかなり気が引けますからね(/_;)

ですのでその当たりはご兄弟で相談されてもいいですね。

[box class=”pink_box” title=”たとえば、2番目のご兄弟がご出産された場合”]

  • 一番上の兄弟がお祝いで1万円を渡した。
  • 一番下の兄弟がお祝いで3万円を渡した。

[/box]

こうなったら、兄弟の間でもちょっとギクシャク・・なんてことも・・

ですので兄弟間でいくら渡すのか・・など相談しておくとスムーズに決めることができます。

親戚に贈る

これはあなた様の親戚・従姉妹などに贈る場合になります。

親戚と一言で言っても、

  • 親などから又聞きで知ったくらいのお付き合い
  • よく一緒に出かける

という関係性では全然相場が変わってきます。

親から○○ちゃんのところ赤ちゃんが産まれたみたいよ~などと聞いたくらいで本人同士は全くつきあいが無い場合の相場は、だいたい3000円~5000円程度で大丈夫です

逆に、よく連絡もとり一緒に出かけたりする場合はかなり距離感が近いので相場は5000円~10000円。

とされています。

 

ですが、これも従姉妹などとめちゃくちゃ何でも話せるほど仲が良いのであれば30000円でもOK。

年上の従姉妹や親戚に贈る場合はそんなに高くなくても良いとおもいます。

逆に年下へのプレゼントであればそこそこ奮発してあげてもいいですね。

同僚へ贈る

こちらも親戚と似ているのですが、その同僚とどのようにお付き合いをしているかで変ります。

[box class=”pink_box” title=”たとえば”]

  • 会社で挨拶を交わす程度
  • いつも一緒にランチを食べている

[/box]

などでは関係性は違いますね。

会社で挨拶を交わす程度であれば他の同僚と一緒に何かを贈るくらいでOK。

ですのでは相場は3000円程度

逆にいつもよくおしゃべりしたり、オフのときなども一緒に過ごすことがある場合は、1万円程度のものを贈るとbestです。

友人に贈る

最後は友人に贈る場合。

友人へ出産祝いのプレゼントを贈りたいと想うぐらいですので仲が良い友人に贈るんですよね^^

ですのでその場合はだいたい相場は1万円程度となります。

 

ちょっといいものをプレゼントしたい場合は、他の友人とお金を一緒にしてちょっと高いものをプレゼントするといいですね。

注意

ここで注意したいのが、見栄を張ってかなり奮発してしまうこと。

でも、奮発といっても贈る形で喜ばれる場合とそうじゃ無い場合があります。

[box class=”pink_box” title=”たとえば”]

  • お金で10万円を包む
  • 物で10万円相当を渡す

[/box]

この同じ10万円でも全く違います。

 

出産祝いプレゼントというものは、後で貰った側も内祝いというものを贈るのが常識となっています。

この内祝いは、だいたいもらった額の3分の1を渡すことになっています。

 

現金10万円で戴いた場合はその10万円から3万円を使えば良いので貰った側のお財布は辛くありません。

ですが物でもらった10万円相当の場合、自分の財布から3万円の出費となります。

 

これから赤ちゃんを育てていく家庭にとって3万円の出費は大打撃・・!

ですのでこの場合ちょっと困ってしまうときもあります。

 

このようにあまり高額だからといって絶対喜んで貰えるわけではないということをご理解してプレゼントされると失敗しません。

もし高額な物をプレゼントしたい!!という場合は、”返しなしでいいよ”と一言添えてあげると喜んで受け取ってくれるとおもいます。

注意

実は4万円、9万円などという数字は縁起がよくないと言われています。

ですのでこのような数字でのお祝いをするのは避けましょう。

まとめ

いかがでしたか?

贈る相手との関係性・距離感で相場はだいぶ変ってきます。

これはあくまでも相場であって、あなた様自身のお気持ちで考えてくださいね。

 

年下の従姉妹でめちゃくちゃ仲が良くてよく電話をする!

という場合は、相場は1万円でも、やっぱり年下の子に渡すしこれから大変だろうから3万円程度のベビーカーでもあげようかな・・

こんな感じで考えてください★

この場合は相手の家庭状況を考えて高いベビーカーを贈る訳なので返しはなしとちゃんと付け加えてあげてくださいね。

内祝いで現金1万円取られる方が家計に大打撃・・となりますので。

 

というわけで色々書きましたが、こんな感じで参考にしてくださいね。